【生後4か月】初めての旅行にベストタイミング!その訳とは?楽しむポイントを解説☆

おでかけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こはたんママ
こはたんママ

こんにちは(*^^*)こはたんママです!

筆者は、こはたんが生後4か月の頃に、家族で近場の温泉旅行にいきました。
小さい子を連れて旅行に行こうか悩まれてる方は多いと思います。

が、筆者はあのタイミングで行ってよかった!と心の底から思ってます😊

そこで今回は、

初めての子連れ旅行は生後4か月がベストタイミングの理由とは?
そして、子連れ旅行を楽しむポイントについて解説していきます!
旅行に行こうか悩んでる方、ぜひ参考にしてみてください(^^)

生後4か月で旅行は早すぎる?

 FineGraphicsさんによる写真ACの画像

大変だった新生児期を乗り越え、育児にも慣れてきた頃。
”まだまだ手はかかるけど、新生児期に比べると少し余裕も出てきたし
そろそろリフレッシュに旅行でも行きたいなあ…”

子どもが生後4か月を迎えた頃、そんな気持ちになる方は多いと思います。

でも、まだまだこんなに小さいのに旅行に連れて行って大丈夫なのかな?

旅行先で周りに迷惑をかけないか不安…。

こんなに幼いと記憶にも残らないのに、旅行に連れて行ってかわいそうな気が…

そんな思いで旅行に行くのをためらっている方は多いのではないでしょうか。

実際、生後4か月というタイミングでの旅行は本当に早すぎるのでしょうか??

実はベストタイミング!

4か月頃のこはたん

まずは、生後4か月の赤ちゃんの特徴を見ていきましょう。

生後4か月の赤ちゃんの特徴
  • 多くの赤ちゃんが首が据わり始める
  • 体重の増加ペースがゆるやかになる
  • 昼夜の区別がついてくる。午前と午後に1回ずつお昼寝し、夜まとめて寝る子も。
  • 授乳の間隔が定まってくる。授乳回数が1日5~6回程になる。
  • 手を使ってものを掴んだりするようになる。
  • あやすと声を出して笑うようになる
  • 視覚と聴覚が発達してくる。
  • なんでもなめたりかじったりする。

赤ちゃんの個性が出てくる時期です。あくまでも目安で、特徴には個人差があります。

まだまだ手のかかる時期とはいえ、この4か月の時期だからこそ!旅行に行くメリットがあるのです

予定が立てやすい

まだ完全ではないですが、少しずつ授乳やお昼寝のリズムがついてくるため、旅行の予定が立てやすくなります。

朝寝の時間に車の中で寝てもらえるように移動時間を合わせたり、
ゆっくり食事がとれるように、授乳後の赤ちゃんの機嫌がよさそうな時間にランチやディナーの予定を組んだり…

赤ちゃんのリズムに合わせて、こちらの予定をある程度組むことができます。

とはいえ、まだこの時期の赤ちゃんのリズムは崩れやすく、環境の変化などにも影響されやすいです。

授乳やお昼寝のリズムがずれてしまったり、赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまったときも、
急な予定変更に対応できるように、余裕を持った計画を立てることが大切です。

無理に予定を強行しても楽しめませんし、何より赤ちゃんに負担をかけてしまいます。

”余裕があったらあそこに寄ろうか”
”ランチは混雑する時間帯をさけて行こうか”

など、あくまでも赤ちゃん第一に予定を立ててみましょう。

移動がしやすい

多くの赤ちゃんが首が据わる頃です

首が据わる前の、抱っこするにも慎重に慎重に気をつかっていた時期から比べると、
だいぶ移動が楽になります

長時間の移動は赤ちゃんの負担になってしまうのでNGですが、
1時間程度の移動時間であれば、休憩をはさみながら行ける距離でしょう。

また、この時期はまだ歩き回ることはもちろん、ハイハイもできないことが多いので、
あちこち動き回って目が離せない時期に比べると移動がとっても楽なのです!

自己主張もまだそんなにできない時期なので、
食欲などの欲求さえ満たされていれば、だいたい大人の行きたいところに行かせてくれます(笑)
もちろん、赤ちゃんに負担をなるべくかけないような場所選びが必須です。

離乳食開始前である

子連れの旅行はただでさえ荷物が多くて大変…。

離乳食が始まってからだと、さらに荷物がどーんと増えます。

そしてやはり、ご飯を食べさせる時間や負担がないため、その分とっても身軽!
離乳食を食べさせる+ミルクや母乳をあげるのって、結構大変ですよね。
旅行中ならなおさら(^▽^;)

なので、離乳食開始前のこのタイミングがベストなのです

こはたんママ
こはたんママ

筆者は当時完全母乳で育てていたため、赤ちゃんの食事に関しては身一つあればいいので荷物が少なくてすみました。

子連れ旅行を楽しむポイント

 acworksさんによる写真ACの画像

生後4か月が旅行に行くのにベストタイミング!とはいえ・・・

赤ちゃんを連れての旅行は結構大変です。

万全の準備をしていかないと、パパやママはただただ疲れてしまう旅になるどころか、
赤ちゃんにも負担をかけてしまいます。

あくまでも赤ちゃんを第一に。
一緒に旅行を楽しむにはどうしたらいいのでしょうか。

ウェルカムベビーの宿や子連れ歓迎のお店を利用しよう!

”ウェルカムベビーの宿”というものをご存知でしょうか。

ウェルカムベビーの宿とは

ミキハウス子育て総研が認定した、赤ちゃん連れでも安心して宿泊できる施設のこと。


このウェルカムベビーの宿の認定には様々な評価項目があり、
赤ちゃん用品等が用意されているかや、離乳食やアレルギー対応などの有無、
レイトチェックアウトのサービスの有無など、
全100項目のうち70項目をクリアした施設がウェルカムベビーの宿として認定されます

『ウェルカムベビーのお宿』認定マーク

 

宿によって様々な独自のサービスがあり、オムツが用意されていて替え放題のところや、
子どもの急な発熱等の場合キャンセル料が無料になるところなど、
とにかく赤ちゃん連れのファミリーに嬉しいサービスが盛りだくさんなのです。

初めての子連れ旅行は不安も大きいものです。
そんな不安をなるべく減らし、赤ちゃんへの負担を最小限に、
そしてママやパパたちの日々の疲れをリフレッシュするために、
ウェルカムベビーの宿をぜひ利用することをおススメします


ご飯屋さんや観光スポットなども、赤ちゃん歓迎をうたっているところをおススメします
オムツ替え用の台が用意されていたり、赤ちゃんのミルク用にお湯をもらえたり、
赤ちゃん連れのファミリーに優しいサービスがあるととても便利です。

中には小さい子はお断りのお店もあります。
旅行先で困ってしまったり嫌な思いをしないように、事前に行きたいお店の情報はチェックしておきましょう。

長距離移動は控えよう

先ほどもお話したように、赤ちゃん連れの旅行では、
帰省などでどうしても行かなければならない場合を除いて、長距離の移動は控えた方がいいでしょう

チャイルドシートや抱っこ紐、ベビーカーなどでずっと同じ姿勢でいるだけでも赤ちゃんの負担になります。
移動の際は赤ちゃんの様子を注意深くみながら、こまめに休憩をとったり、
オムツ替えや授乳など赤ちゃんに合わせて行動できるようにしましょう。

可能であれば、自分たちのペースで動ける車での移動をおススメします

”無理な計画”と”無計画”はNG

子連れ旅行の際に無理な計画を強行するのはやめましょう
環境の変化で赤ちゃんのリズムが崩れる可能性も高いです。
ぎちぎちのスケジュールを組んでも、だいたい思うようにいきません!!

”予期せぬタイミングでうんちをした”
”寝てほしいときに寝てくれない”
”授乳したいのに寝てしまった”


そんなことばかり起こるので、多少の時間のずれや予定変更は必ず出てきます。


しかし、だからといって無計画で旅行に行くのはもっとNG!
行き当たりばったりの旅は無駄な移動や待ち時間が発生したり、
赤ちゃんの予期せぬ行動に上手く対応できなかったり、
とにかく赤ちゃんの負担になります。(そして大人も疲れます…。)

まずは行きたい場所の目星をつけておき、”行けたら行く”というスタンスでいましょう(笑)
そして、行きたいと思ってるお店の営業時間や定休日、子連れで入店可能か、
また、ルートや宿泊先との位置関係など、事前に下調べしておくことが必要です。

お店の予約をすべきかは悩ましいところですが、
混み合う時間帯を避けて予約なしで行くか、
予約をとるにしても時間に余裕を持ってとるようにしましょう。
行列ができるほどの人気店はやめた方がいいです。

そして、万が一赤ちゃんが体調を崩してしまったときのことを考えて、旅先の近くの病院をあらかじめ調べておくと安心です。

先ほど4か月で旅行に行くメリットとして予定が立てやすい!と書いたので矛盾しているようですが…
どうしても計画通りに行かないのが子連れ旅行というもの。
急な予定変更にも対応できるように余裕を持った計画を立てることが必要なのです。

準備は万全に!

なんといっても準備を万全にしてあるかどうかが、旅の運命を左右します(笑)
上記でお話した計画や下調べに加えて、大量の赤ちゃんグッズの準備を万全にすること!!!
できるだけ赤ちゃんを快適にさせてあげることが、大人も旅を楽しめるコツなのです(‘ω’)ノ

ぜひ下の持ち物リストをチェックしてみてください。
※離乳食開始前の4か月頃の赤ちゃんを連れていく場合です!

4か月頃の赤ちゃん連れ旅行の持ち物リスト
  • 母子手帳、健康保険証、受給者証
  • オムツ関連アイテム
    • オムツ
    • お尻ふき
    • オムツ処理袋
    • オムツ替えシート(使い捨てがおススメ)
  • 授乳関連グッズ(ミルクをあげている場合)
    • ミルク(スティックタイプ、キューブタイプがおススメ)
    • 哺乳瓶(プラスチック製または使い捨てタイプがおススメ)
    • 魔法瓶の水筒(お湯を入れておく)
    • ミルクの湯冷まし用の水
    • 哺乳瓶の消毒用の錠剤
    • ジップロック(哺乳瓶の消毒用)
  • 授乳関連グッズ(母乳をあげている場合)
    • 授乳ケープ
  • 赤ちゃん用の麦茶や水等(必要な場合)
  • 手口拭き
  • 着替え(日数+2セット程)
  • パジャマ
  • おくるみまたは上着
  • タオル(肌の弱い子だと宿泊先のタオルだと肌が荒れることがある)
        (寝るときに布団に一枚敷いておくと安心)
  • ガーゼハンカチ(汗拭き、お風呂、吐き戻した際に使える)
  • ケア用品
    • ボディソープ、シャンプー等
    • 保湿クリーム
    • 湿疹クリーム(虫刺されも兼ねているとGOOD)
    • 綿棒
    • 体温計
    • あれば常備薬等
    • 日焼け止め
    • 虫よけスプレー
    • アルコール除菌のジェルやスプレー 
  • 抱っこ紐、スリング等、ベビーカー
  • お気に入りのおもちゃ
  • ビニール袋(ゴミ入れや洗濯物入れ等何かと使える)
  • カメラ、三脚

基本的に、いつも使っているものを持っていった方がいいです。
ただでさえ赤ちゃんの体調は環境の変化に影響されやすいです。

肌の弱い子は、ボディソープが変わっただけでかぶれてしまったり、
ミルクを飲んでる子は、いつもと違うものだと飲まなかったりすることも。

少しでも、いつもと同じような状態でストレスなく過ごせるよう配慮できるといいと思います!

役立ったアイテム

上記の持ち物リストの他に、筆者が実際旅行に持って行って役立ったアイテムをご紹介します(*^^*)

バンボ

こはたんと初めての旅行の際、まだ腰は据わってない時期なのでバンボがとても役立ちました
食事のときはソファか座敷だったので、必ずバンボに座らせていました。

長時間は赤ちゃんの負担になるのでやめた方がいいですが、
少しの間ならバンボに座らせていればだいたい機嫌よくいてくれたので、とても助かりました。

宿泊先では貸し切り風呂を利用したのですが、お風呂が熱すぎてこはたんは入れず…
大人がお風呂に入っている少しの間はバンボに座らせて待っててもらいました。
お風呂に一緒に入れないのは想定外だったため、とても役立ちました(^▽^;)

フード付きタオル

写真は1歳頃のこはたん

上記の通りお風呂に一緒に入れなかったので、待っててもらう間フード付きタオルが役立ちました。

想定外のことでしたが、ボタンで留めておけるのではだけることもなく、風邪を引かせずにすみました(^-^;

普段もお風呂あがりやプール遊びの時に使えるので、
1枚はあると便利ですよ~

こんな可愛いのもあります💗↓↓↓

ベビーカー用のおもちゃ

旅行先で立ち寄った場所では持参のベビーカーを利用していました。

初めて見る景色ばかりなので、退屈することなく基本的に大人しかったですが、
ちょっと飽きてしまったときはベビーカー用のおもちゃで遊んでくれたので助かりました。

万が一のときはやめる決断が大事。

 FineGraphicsさんによる写真ACの画像

もし万が一、旅行に行く当日の朝赤ちゃんが熱を出したり、体調を崩してしまったら…

無理やり連れて行くことは絶対にやめましょう。

楽しみにしていた旅行でしょうから、残念な気持ちはすごくよくわかります。
ですが、あくまでも赤ちゃん優先に。
まだ免疫力がついてない小さな赤ちゃんですから、
ささいな風邪から無理をさせたために悪化して重症化するケースだってあるのです。

赤ちゃんに辛い思いをさせてまで強行しても、ママやパパは楽しめません。
もしものときは、やめる決断が大事です。
また赤ちゃんが元気になったときに改めて計画を立てましょう(^^)

初めての子連れ旅行を楽しもう!

子どもが生まれてから日々育児に奮闘してきたママさんパパさん。
我が子に愛情をたくさん注いでいるからこそ、育児疲れは溜まっていきますよね。

日々の疲れをリフレッシュするために旅行に行くことは、全然悪いことなんかじゃありません(^^)
リフレッシュして、また明日からの活力にしましょう!

そしてなんといっても記念すべき我が子との初旅行!
生後4か月頃の赤ちゃんの記憶には残らなくっても、家族の思い出として記録を残すことはできます。

あやすと笑うようになる時期でもありますから、
写真やムービーで家族の笑顔をたくさん残しましょう!😊
ママやパパが笑顔でいることも、赤ちゃんにとっていい影響を与えますよ。

…そして、ぜひいろんな景色を赤ちゃんに見せてあげてください。

記憶に残らなくても意味がないわけではないと筆者は思います。
ひとつひとつの経験や見てきた景色が、確実に子どもを成長させてくれるのです。
きっと見たことないいろいろな表情を見せてくれますよ(*^^*)

赤ちゃんを連れての初旅行、準備を万全にして、思いっきり楽しんできてください♪

現在はコロナウイルス感染拡大防止の観点から、旅行に行くこと自体躊躇われる方も多いと思います。
旅行に行くかどうかは最新情報を確認して、随時判断してください。
また旅行に行く際は、感染対策がしっかりなされている施設や宿泊先を利用するようにし、
混雑する場所や換気の悪い場所などはできる限り控えるようにしましょう。

こはたんママ
こはたんママ

以上こはたんママでした!
最後までお読みいただきありがとうございました✨

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おでかけ旅行育児
こはたんママをフォローする
こはたん日和~育児ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました